新型コロナウイルスワクチン接種会場としての準備をしております。

新型コロナワクチン接種を安全に行えるように、医師会に申請を出し現在準備をしております。
クリニックでの接種可能人数が限られていることと、副作用への迅速な対応のため、65歳以上・基礎疾患を持つ優先接種対象者においては、病状を把握しているかかりつけの患者さんの接種を優先していきます。
開始時期、予約方法、時間、副反応への対応は、未確定事項がまだ多いため随時お知らせ致します。
 
 
接種会場として当院の感染・安全に対する取り組み:
 
1. WEB問診を導入しました
待ち時間、医療面接時間の短縮により院内感染を防ぎます。
また、AIによる疾患予測機能は正確な診断の助けとなります。
発熱の患者様は事前に回答して来院いただきますようご協力お願い致します。
問診票QRコード

問診票URL:https://ubie.app/medical_institution/introduction?hospital_user_key=W03a2eVD3I3kaMYu
 
2. 隔離室を陰圧室へ改装します
結核などの空気感染菌へも効果のある感染症対策に最善の方法です。
部屋からウイルス・菌が出ることはなく待合室での感染を防ぎます。(4月上旬予定)
 
3. スタッフへの定期的な抗体検査
感染しても無症状のまま仕事をすることのないように、定期的に抗体検査を行なっております。
現在まで全員陰性です。今後も感染症対策の質をさらにあげていきます。
 
新型コロナなどの感染症とは今後も長い戦いとなることが予想されます。
そして、通常診療と感染症などの急性疾患の診療を両立できる設備と体制が求められています。
感染対策の良いモデルとなれるように、精力的に対策を進めて参ります。
      

2021/03/25
タイトルとURLをコピーしました